読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【サイト案】新刊リマインダー

「一万人集まるサイトを作ってみよう!の会」のサービス案です。訓練もかねて毎日書いて行こうと思います。

新刊リマインダー

ユーザー登録をすると、キーワードを決められた数(例えば10個)登録する事ができる。キーワードを含む書籍やCDの発売が近づくと、メールでお知らせしてくれる。プレミアムユーザーになると、より多くのキーワードの登録、あるいはより精度を高められるような検索条件(複合条件など)が登録できるようになる。

...ネットで調べたら、同じような事を考えている人はいっぱいいました。差別化を図るためにどうすれば良いか?

●異なるジャンルで攻める

サービスはコミックに特化したものが多いです。IT使いこなす人々とコミック読む人々はかぶる範囲が多いので正解なのですが、逆にコミック以外のニッチ市場(自分的にはクラシックCDやDVD)などのリマインダーサービスならば、可能性があるかも?

SNSと組み合わせる

基本的にリマインダーサービスは、個人のサービスに閉じています。例えば「侵略!イカ娘第12巻を待っている人が○○○人います」「もうXX人が買っちゃいました」などという情報や、買って満足or後悔といった感想の共有など。

※コメント、ご意見、お待ちしています。