読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

openvzで開発環境を作る #2

[]開発環境用のマシンにcentos 6を入れる。限られたリソースを有効に使いたいので、CentOS-6.x-i386-minimal.isoを使ってインストールする。ここでインストールしたOSはOpenVZのホストであり、かつクライアント環境、開発環境、テスト環境を結ぶルーターでもある。

minimalだと特に何も聞かれずにインストールが進む。インストールが完了してrootでログインができたら、次の作業を行う。

  • ネットワークの設定

"/etc/sysconfig/network-script/ifcfg-eth0"ファイルを、次のように編集する。

DEVICE="eth0"
BOOTPROTO="static"
IPADDR=192.168.11.101 # ルータと同じネットワークでかぶらないもの
NETMASK=255.255.255.0 # ルータと同じ設定
GATEWAY=192.168.11.1 # ブロードバンド ルーターのアドレス
HWADDR="(元の値をそのまま使う)"
NM_CONTROLLED="yes"
ONBOOT="yes" # noからyesに変更
TYPE="Ethernet"
UUID="(元の値をそのまま使う)"
「IDADDR」と「NETMASK」は、ブロードバンドルーターと通信ができるよう同じネットワークでかつdhcpで提供されるipとかぶらないもので、ブロードバンドルーターと同じネットワークセグメントに所属するように設定する。
  • ホスト名の変更
[root@localhost ~]hostname router
  • 作業用ユーザの作成
[root@router ~]# useradd kenji
[root@router ~]# passwd kenji
[root@router ~]# vigr (開いた画面で、wheelという列に追加したユーザー("kenji")を追加する

再起動をするとこのマシンにはリモートで接続できるようになる。以降の作業は、使いなれた日頃使っているマシンからsshで接続して作業する。